慶進高校生徒会さんより「服のチカラ プロジェクト」の協力依頼がありました。


慶進高校の取り組みのひとつ
「服のチカラ プロジェクト」

生徒会の皆さんが各商店をまわり、
資料を配布、プロジェクト協力への
呼びかけが行われました。

以下は、資料(画像)文章より


「皆さんは、難民問題についてよく考えたことはありますか?日本のひろが難民の人たちにできることのなかで最も簡単なことが服に困っている難民の人たちに服を送ることであり一番協力しやすいものだと思い、慶進高校は服のチカラプロジェクトというユニクロの企画に参加しました。するとたくさんの服が集まり、難民の人たちに対しての意識が高まったと感じました。そこで慶進高校は、地域の方々にも難民の人たちへの意識を深くしてもらいたく、この企画をたてました。」

■回収物
・大人服、子供服なんでも
・必ず洗濯
・ポケットは空に
・下着、靴下、帽子などの小物は×

ご協力よろしくお願いします!
慶進高校生徒会


【服のチカラ プロジェクト】
ユニクロがUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とのパートナーシップのもと取り組むリサイクル活動の一環として、教育機関と連携して実施している。
児童・生徒たちが中心となり、着なくなった服を回収し、難民の方々など世界中で服を本当に必要としている人々に届ける活動。


9月1日~15日まで、宇部新天町名店街
事務局前(地図)に回収箱を設置しております。
どなたでもプロジェクト参加は可能です。
どうぞお持ちくださいませ。